丹後ちりめんの町、与謝野町「ちりめん街道」で着物めぐり

  • 所要時間: 4.5時間
  • 移動手段: レンタカー徒歩

ちりめん街道を起点に、丹後地方伝統の”丹後ちりめん”に触れるコース。着物の素材として使用される、”丹後ちりめん”をゆっくりと感じてみませんか?

  • 京都舞鶴港第2ふ頭

    京都舞鶴港を出発して与謝野町へ向かいましょう!

    ※ちりめん街道周辺を観光の際には、与謝野観光協会駐車場(旧加悦町役場)をご利用ください。

    55分 [ 36km ]
  • ちりめん街道

    与謝野町加悦地区の旧街道は「ちりめん街道」と呼ばれ、商家や医院、銀行などかつての町の賑わいを伝える建物が多く残されています。

  • 旧尾藤家住宅

    文久3(1863)年に再建された生糸ちりめん商家で、昭和初期に増築された洋館もあります。尾藤家代々の当主は江戸期に大庄屋、明治以降に丹後銀行頭取、加悦(かや)鉄道社長、加悦町長などを歴任しました。

    5分 [ 250m ]
  • 手機体験(与謝野町観光協会)

    手機を使った、コースターづくりや、シルクのストールづくりなどがお手軽体験できます。

    滞在時間の目安:60分

    8分 [ 4km ]
  • 丹後ちりめん歴史館

    老舗の織物会社の跡地に昭和初期の面影を残して整備されたミュージアム。館内では丹後ちりめんに関する資料や写真、珍しい「八丁撚糸機」などの展示の他、事前に電話予約すれば手機体験もできます。

    滞在時間の目安:60分

    55分 [ 35km ]
  • 京都舞鶴港第2ふ頭