明智光秀が築いた城下町・福知山をめぐる(電車プラン)

  • 所要時間: 3時間
  • 移動手段: 電車徒歩

明智光秀が築いた城下町・福知山。 まちの様々なところに残された光秀の善政の功績から、新たな一面を発見しましょう。 また、スイーツのまちとしても知られる福知山。地元の人に愛されるスイーツの数々も必見です。

  • 京都舞鶴港第2ふ頭~JR福知山駅

    船を降りたら、まずシャトルバスでJR西舞鶴駅へ向かいます。

    10分(シャトルバス)
  • JR西舞鶴駅

    綾部駅で乗り換えて福知山駅へ。

    30分
  • JR福知山駅

    福知山駅北口を出てすぐのところにある観光案内所には、さまざまな観光パンフレットが置いてあるので資料集めにぴったりです。

    10分 [ 1km ]
  • 福知山城(郷土資料館)

    福知山城は、天正7年(1579)頃、明智光秀が信長の命を受けて丹波を平定した際、西国攻略に向けた最前線の拠点として山城を近世城郭に改築したものです。その後、昭和61年(1986)に天守閣が再建されました。
    しかし、石垣は創建当時のまま残っており、光秀時代の石垣を見ることができるのは日本で唯一ここ、福知山城だけです。宝篋印塔や五輪塔などの、転用石が使われた貴重な石垣は非常に見応えがあり、必見です。

    滞在時間の目安:30分

    5分 [ 250m ]
  • 明智薮

    城下町と由良川の水運業発展のため、暴れ川であった由良川の治水工事を行った明智光秀。
    その際の防水林が、「明智藪」として現在も残っています。

    滞在時間の目安:10分

    10分 [ 900m ]
  • 御霊神社

    まちの基礎を築いた光秀の功績をたたえ、商売の神が祀られていた祠に光秀公の霊が合祀された神社です。
    光秀公の書状や軍での規律を定めた家中軍法などが残されています。
    境内には、全国で珍しい堤防を御神体とする堤防神社や、祈れば願いが叶うと言われる「叶石」があります。

    滞在時間の目安:15分

    10分 [ 1km ]
  • JR福知山駅

    明智光秀が作ったまち・福知山を思う存分味わったあとは、
    福知山駅から東舞鶴行き電車に乗り、西舞鶴駅へ。

    30分
  • JR西舞鶴駅

    西舞鶴駅からはシャトルバスで、舞鶴港まで戻ります。

    10分(シャトルバス)
  • 京都舞鶴港第2ふ頭

Google Mapでルートを見る

※公共交通機関モードは乗換案内未対応です